無職でキャッシング

無職でありながらキャッシングを希望する人もいるようです。キャッシングをする場合には必ず審査があるものです。キャッシングは、無職か否かで審査の結果を出すことはありません。けれども、キャッシングの審査では、条件に達しているかどうかが調べられます。キャッシング会社ごとに他社借り入れの件数の上限は決められています。キャッシングは、既に他社からたくさん借り入れている人には行われません。キャッシング審査の段階で、在籍確認のために申し込み者の家に電話をかけてくる金融会社はたくさんあります。間違いなく電話に出ることができるような番号にしましょう。在宅確認ができないと無職でなくてもキャッシング審査が通らない場合があります。郵便での確認もありえるので、正確な住所を書いておきましょう。借り入れブラックと呼ばれる状態で、短期間に3社以上のキャッシング会社に申込みを行うとこれだけでキャッシングの審査は通らなくなります。確実にキャッシング会社からお金を借りたいけれど、無職だから審査に通りづらいだろうと思っても、焦って幾つものキャッシング会社に申し込みをしないようにしましょう。無職であるかどうかに関わらず、キャッシングの申し込みを同時に行う場合はせいぜい2社程度に留めてください。

無職でキャッシングする方法

キャッシング会社からお金を借りる時は必ず審査があります。しかし、無職は審査に通りにくいといいます。無職でもキャッシングしやすくするためにはどうしたら良いのでしょうか。自分の店を持っていなくても、フリーマーケットやネットオークションで儲けていれば、自営業者で成り立ちます。外で仕事をしていなくても自営業と名乗ってしまいましょう。勤務先名は適当に屋号をつけて申請しましょう。自宅と職場の電話を一緒にしているということにすれば、審査のために電話がかかってきても問題なく出ることができます。無職とはいえ、アルバイトやパートでお金を稼いでいるという人も少なくはないでしょう。キャッシングの審査では、無職よりも、アルバイトやパートをしているフリーターであるという申し込みの仕方をした方が、審査は有利になるようです。完全な無職ではなく多少なりとも収入があるわけですから収入源となっているものを堂々と書けば良いのです。裏技のような方法ですが、派遣会社に登録をすれば、まだ派遣先が決まってなくても派遣社員としてキャッシングの手続きはできます。実際に働かなくても無職から派遣社員になることができます。派遣会社にまず登録をし、仕事先を派遣会社の名前にすることで、無職よりずっとよい評価でキャッシングの審査を受けるとができます。無職だけれど、キャッシング融資に多少時間をかけられるという人に適した方法です。

無職でキャッシングする場合の注意点

金融会社からの融資を希望しているけれど、今は無職で断られやすい状態にあるという人がいます。無職でキャッシングを利用する手段はあるでしょうか。無職とキャッシングをキーワードに検索をかけると必ず出てくるのが闇金融のサイトです。闇金融とは、貸金業に違反したキャッシングをしている会社や、そもそも金融会社として登録されていない会社です。ブラック認定や無職などでキャッシングができないという人に言葉巧みに融資を行います。融資を受けたいけれど受けられないという状況に陥っていると、融資をしてくれる金融会社なら多少怪しくても構わないという気持ちになっていて、ちょっとした甘い言葉にすぐ乗ってきます。高い金利、強引な債権回収のみが闇金融の怖いところではなく、闇金融のバックには暴力団などが関わっていることもあります。暴力まがいのことをして返済を迫ってくるところもあります。通常のキャッシングでは遅延しても取り立てには制限がありますが、闇金融は金利にしても取り立てにしても制限がないのです。無職でお金が入ってくるあてがない人は、もしもキャッシングを使えたとしても、返せるあてがありません。キャッシングをしたところが闇金融である場合、多重債務などで自己破産や任意整理などをしようと思っても、難しいといいます。住所を仮のものにしてある闇金融では、弁護士をお願いしても解決できないこともあります。もしも無職でもキャッシングを希望することがあっても、闇金融にはくれぐれも用心しましょう。